著書

橋本の執筆した本棚は,http://booklog.jp/users/hanazono-humic?category_id=2700630&display=frontのサイトからもご覧いただけます。)

  1. 「部屋にバリケードを作った十七歳女子(非行)」橋本和明、『子どもの精神療法』森省二編、金剛出版、283~315 頁 1991. 9
  2. 『童話と心の深層』森省二、橋本和明、森恭子著(共著)、創元社、3~158 頁 1996. 4
  3. 「子の引渡事件の調査方法について」『子の引渡事件の調査方法について』家庭裁判所調査官研修所(分担執筆)、、全 239 頁、1997. 1
  4. 「アルバム」橋本和明、『こころの科学』第 72 号清水将之編 、日本評論社、88~89 頁、1997. 3
  5. 「子どもはなぜ親密なつきあいを恐れる?」橋本和明、『子どものこころの癒し方』野田愛子監修 、日本評論社、95 ~100 頁、1998.10
  6.  「“キレる”少年の理解について」橋本和明、『人間援助の諸領域-そのこころ・実践・研究-』田畑治監修、ナカニシヤ出版、177~186 頁、2000. 3
  7. 「性非行-下着にぬくもりを求めて-」橋本和明、『家裁の庭から-調査官が見た子どもの深層-』原口幹雄監修(分担執筆)、日本加除出版、99~102 頁、2001. 3
  8. 『若者たちの社会的ひきこもり~そのとき親や家族はどうす ればよいか~』山田博監修(分担執筆)、日本加除出版、70~79 頁、2001. 3
  9. 『児童虐待が問題となる家庭事件の実証的研究-深刻化のメ カニズムを探る-』家庭裁判所調査官研修所監修(分担執筆)、司法協会、 全 80 頁、2003. 4
  10. 『虐待と非行臨床』橋本和明著、創元社、全 230 頁、2004. 8
  11. 「児童虐待」橋本和明、『現代のエスプリ 特集「司法臨床」』廣井亮一編、No.472、88~98 頁、2006
  12. 「非行と家族関係」橋本和明、『犯罪・非行の心理学』藤岡淳子編 、有斐閣ブックス、89~106 頁、2007
  13. 「包括的虐待から見た人間関係の理解」橋本和明、『虐待と現代の人間関係-虐待に共通する視点とは-』橋本和明編著、ゆまに書房、ⅲ~ⅴ、3~50頁、296~300頁、2007
  14. 「被害者との向き合い方-被害者性とエンパワーメントの視 点から-」橋本和明、『被害者心理とその回復-心理的援助の最新技法』 丹治光浩編、ゆまに書房、27~49 頁、 2008
  15.  「加害者の被害者性」橋本和明、『現代のエスプリ 加害者臨床の問題と困難性』第 490 巻、廣井亮一編、至文堂、56~63 頁、2008
  16. 「家庭裁判所に求められる司法的役割」橋本和明、『児童虐待はいま-連携システムの構築に向けて-』津崎哲郎・橋本和明編著、ミネルヴァ書房、68~79 頁、2008
  17. 「自分に出会う面接」橋本和明、『臨床心理学』村瀬嘉代子編、第 9 巻第 3 号、326~330 頁、2009. 5
  18. 「発達障害者が抱える思春期・青年期の課題」橋本和明、「触法行為をしてしまう発達障害者への支援」橋本和明、『発達障害と思春期・青年期 生きにくさへの理解と支援』橋本和明編著、 明石書店、21~40頁、 119~151頁、全320 頁、2009. 6
  19. 「法律家と協働する心理的援助」橋本和明、『対人援助の技とこころ 臨床心理学増刊』村瀬嘉代子・岸本寛史編、第 1 号、162~167 頁 、2009. 9
  20. 『花園大学発達障害セミナー① 発達障害との出会い-ここ ろでふれあうための一歩』橋本和明編、創元社、全 208 頁、2009.12
  21. 「司法領域における面接」橋本和明、『こころの 科学(「臨床における面接」)』村瀬嘉代子・青木省三編、第 149 号、日本評論社、53 ~57 頁、2010. 1
  22. 「司法臨床の立場からみた学校の風景」橋本和明、『こころの科 学(「いじめ・不登校・学校」)』田中究編、第 151 号、日本評論社、60 ~63 頁、2010. 4
  23. 「生活に根ざした親子の絆の構築」橋本和明、『月刊少年育成』第 55 巻 第 7 号、大阪少年補導協会、20~25 頁、2010. 7
  24. 「発達障害と逸脱行動」橋本和明、『花園大学発達障害セミナー② 思春期を生きる発達障害- こころを受けとるための技法』橋本和明編著、創元社、134~154頁、171~180頁、全 180 頁、2010. 8
  25. 「非行との関係を考える」橋本和明、『発達障害の理解と支援 を考える』田中康雄編、臨床心理学増刊第 2 号、183~189 頁、2010. 9
  26. 「非行に対応するための親子面接」橋本和明、『臨床心理学(親子面接の 支援計画と実践的アプローチ)』第 10 巻第 6 号、866~870 頁、 2010.11
  27. 「動機づけ面接」橋本和明、「犯罪・非行と虐待」橋本和明、『カウンセリング実践 ハンドブック』松原達哉編集代表、丸善、524~525 頁、544~ 545 頁、2011. 1
  28. 『非行臨床の技術―実践としての面接・ケース理解・報告』橋本和明著、 金剛出版、全 261 頁、2011. 3
  29. 「心理臨床とスーパーヴィジョン」橋本和明、『臨床心理学(臨床技法と しての面接)』、第 11 巻第 2 号、金剛出版、275~281 頁、2011. 3
  30. 「家庭裁判所と家庭裁判所調査官」橋本和明、『法と心理学の事典』越智啓太、藤田政博、渡邉 和美編、朝倉書店、464~465 頁 、2011. 5
  31. 『花園大学発達障害セミナー3 関係性からみる発達障害―こ ころとこころの織りあわせ』橋本和明編、創元社、全 133 頁、2011. 8
  32. 「非行カウンセリング」橋本和明、『心理臨床学事典』日本臨床心理学会編、丸善、430~431 頁、2011. 8
  33. 「二つの試し行動」橋本和明、『精神療法』、第 37 巻第 6 号、金剛出版、 697 頁、
    2011.12
  34. 「虐待」橋本和明、『発達科学入門』高橋惠子・湯川良三・安藤寿康・秋山弘子編、東京大学出版会、218~219 頁、2012. 2
  35. 「非行臨床の学び方・進め方」橋本和明、『臨床心理学ことはじめ』花園大学社会福祉学部臨床心理学科編、ナカニシヤ出版、59~65 頁、2012. 3
  36. 「発達障害を抱える親と児童虐待-生活と切り離された子育 てを支援する」橋本和明、『臨床心理学「子育て支援-乳幼児と向かい合 う心理臨床」』、金剛出版、343~348 頁、2012. 5
  37. 『花園大学発達障害セミナー4 発達障害支援の 可能性-こころとこころの結び目』橋本和明編、創元社、ⅰ~ ⅳ頁、2012. 7
  38. 「非行を繰り返す事例」橋本和明、『事例で学ぶ臨床心理アセスメント入 門(臨床心理学増刊第 4 号)』、金剛出版、118~123 頁、2012. 8
  39. 「生活臨床の実践-施設職員への聞き取り調査から明らかに なったこと」橋本和明、「あとがき-共に学び合うこと」橋本和明、『児童生活臨床 と社会的養護』田中康雄編、金剛出版、50~58 頁、261~270 頁、2012. 8
  40. 「友だちと一緒に万引きをしてしまいました」橋本和明、『児童心理』2012 年 8 月号臨時増刊、金子書房、108~111 頁 、2012. 8
  41. 「児童虐待と非行」橋本和明、『心理臨床の広場』第 5 巻第 1 号、24~25 頁、2012. 8
  42. 「発達障害と非行臨床」橋本和明、『臨床心理学「発達障害支援」』、金剛出版、664~669 頁、2012. 9
  43. 「加害者の被害者性」橋本和明、『加害者臨床』廣井亮一編、日本評論社、 24~32 頁、2012.12
  44. 『子育て支援ガイドブック』橋本和明著、金剛出版、全 280 頁、 2014. 8
  45. 『窃盗防止の10ヵ条』橋本和明監修、大阪府立砂川厚生福祉センターつばさ作成、2016.4
  46. 「非行の問題」橋本和明、『小学生・中学生 情緒と自己理解の育ちを支える』松本真理子・永田雅子・野邑健二監修,松本真理子・永田雅子編著、明石書店、75-79頁、2016.4
  47. 『愛して 信じて 許して~ステージ制導入で大きく変化した学園の支援と児童・職員の意識(2015年度希望が丘学園実践報告書)』橋本和明監修、高知県立希望が丘学園発行、総15頁、2016.3
  48. 『高校生の発達障害-つまずきの発見と支援-』橋本和明著、京都私立中学高等学校連合会カウンセリング研究会発行、総数47頁、2016.5
  49. 「安心安全な環境とほどよい応答関係」橋本和明、『臨床心理学「臨床的判断力」』村瀬嘉代子・岩壁茂編、金剛出版、第16巻第3号、304-306頁、2016.5
  50. 「安心安全な環境とほどよい応答関係」橋本和明、『臨床心理学ー臨床的判断力』村瀬嘉代子・岩壁茂編、金剛出版、第16巻第3号、304-306頁、2016.5
  51. 『犯罪心理鑑定の技術』橋本和明編著、金剛出版、総253頁、2016.8
  52. 「犯罪・非行の発達要因」橋本和明、「児童虐待」橋本和明、『犯罪心理学事典』村松励編集委員長、大渕憲一・岡本吉生副編集委員長、丸善出版、46-47頁、126-127頁、2016.9
  53. 「倫理から読み解く問題解決ジレンマ」橋本和明、『臨床心理学-知らないと困る倫理問題-』橋本和明編著、金剛出版、第17巻第2号、145-148頁、2017.3
  54. 「事例研究」橋本和明、『臨床心理学ー臨床心理学実践ガイド』岩壁茂責任編集、金剛出版、第17巻第4号、562-563頁、2017.7
  55. 「④司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開」橋本和明、『公認心理師入門-知識と技術-』野島一彦編著、日本評論社、122-125頁、2017.8
  56. 「裁判員に犯罪をどう身近に感じてもらうか-犯罪心理鑑定」橋本和明、『臨床心理学ー犯罪・非行臨床を学ぼう』川島ゆか責任編集、金剛出版、第17巻第6号、776-778頁、2017.11
  57. 「Ⅱ.関係行政論 1.司法・犯罪分野における法規や制度2.司法・犯罪における心理社会的課題と事例対応」、「Ⅳ.心理的アセスメントと支援」橋本和明、『公認心理師現任者講習会テキスト2018年版』一般財団法人日本心理研修センター監修、岩壁茂,遠藤利彦,黒木俊秀,中嶋義文,中村知靖,橋本和明,増沢高,村瀬嘉代子編集協力者、金剛出版、2018.1