科研費よる研究業績

  1. 「発達障害が疑われる非行少年の包括的再犯防止対策」
    研究代表者:田中康雄,研究分担者:橋本和明等,
    平成20~23年度 基盤研究(A)課題番号20243033
    児童自立支援施設の職員にインタビュー調査を実施し,児童自立支援施設における生活臨床のあり方を分析検討した。そこでの子どもたちと職員とのかかわりの様子や非行からの立ち直りの手がかりとなる要因を取り上げ,生活の大切さを改めて再確認された。研究成果の一つとして,『児童生活臨床と社会的養護』(田中康雄編,2012,金剛出版)を出版し,橋本は「生活臨床の実践」(pp50-87)を執筆した。
  2. 「被虐待者の非行化への対応における社会福祉と司法の協働に関する研究」
    研究代表者:藤原正範,研究分担者:橋本和明等,
    平成22~24年度 基盤研究(C)課題番号22530642
    児童福祉施設が荒廃する要因の一つとしての児童の非行化があり,なかでも虐待を受けて入所してきた子どもへの職員の対応のあり方を検討した。橋本は,研究報告書の中で,「事例研究から学んだこと,非行臨床における虐待と発達障害の位置関係」について執筆した。
  3. 「児童養護施設入所児童の非行予防に関する実証的研究-効果的な支援のために-」
    研究代表者:藤原正範,研究分担者:橋本和明等,
    平成25年~現在 基盤研究(C)課題番号25380799
    児童福祉施設が荒れや安定を繰り返す要因について分析するため,施設職員のインタビュー調査を実施した。そこでは,施設全体の荒廃を促進する大きな要因に性暴力があり,職員間や職員と子ども間にある非常に固定された関係が影響することがわかった。これらをまとめ,「児童養護施設の子どもの非行理解とその予防に関する研究-児童養護施設職員へのインタビュー調査から-」(橋本和明,小林英義,村尾泰弘,遠藤洋二,藤原正範)として,学術雑誌(日本児童養護実践学会発行,児童養護実践研究)に掲載した。
  4. 「重大児童虐待事例の精緻な実態と効果的支援の研究」
    研究代表者:山田麻紗子,研究分担者:橋本和明等,
    平成27~現在 基盤研究(C)課題番号15K04157
    重大な児童虐待事例を分析し,名古屋市児童相談所との研究会を重ね,効果的な支援のあり方を検討している。また,アメリカの児童虐待への支援等を調査するため,渡米をして,ニューヨークやバージニア州の児童施設や少年裁判および刑事裁判の様子を視察した。
  5. 「刑事事件における犯罪心理鑑定の意義と有効性についての研究」
    研究代表者:橋本和明,
    平成28年~平成30年 基盤研究(C)課題番号16K04399
    本研究の目的は,①刑事事件における犯罪心理鑑定(いわゆる情状鑑定)の有効性を明らかにし,②臨床心理士が犯罪心理鑑定を実施できるスキルの向上とその養成のあり方を検討するとともに,③法曹と臨床心理士との協働のシステム構築を提示することである。申請者は鑑定経験者に調査を実施し,アメリカにおける判決前調査の比較を交えて,犯罪心理鑑定の現状や有効性を示す。また,臨床心理士が犯罪心理鑑定を積極的に応じ,司法臨床領域でこれまで以上に活躍できるためにはどのようなスキルを身に付けるべきかを検討し,望ましい養成課程を具体的に提案する。さらに,犯罪心理鑑定の要請が生じた場合,円滑に臨床心理士がそれに対応できるためのシステム構築と法曹と臨床心理士の協働のあり方も提言する。